OFF-Uma.Blog

買い目絞りのがっつり回収目指します☺︎飛びっきりの有力馬を毎週紹介!

【天皇賞(春)予想】非サンデー系は馬券外!波乱?フィエールマン連覇なるか。

さて

日曜日ですが、京都競馬場で行われる天皇賞(春)の予想考察をしていきたいと思います。

個々の馬の記事を書いては見たのですが、なかなかうまく纏まらないのでこのページで一気見せしていきます。

 

では。

 

 

 

 

f:id:i_love_homies:20200430235529j:plain

リピーターレースで連覇を狙う瞬間移動馬 フィエールマン 

ディープインパクト産駒

 

こうやってフィエールマンの記事を書いていると、山藤・ラジオNIKKEI菊花賞とエグいくらいの末脚の衝撃を過去レース見ながら今でも感じますね。

ディープ産駒ですが、まだ落ち目はまだ後かなと。

このメンバーで言えば圧倒的に能力は上ですから、逆らわず行きたいとは思っています。

 

過去、天皇賞春を連覇した馬は4頭

今年は生粋のステイヤーであるフィエールマンが連覇を狙います。

3200mという特殊な条件への適性の高さは間違いなくあります。

京都の下りを利用したマクリはこのコースに対しての適性があるから。

 

前回の天皇賞(春)AJCCからのローテでしたが、今回は有馬記念からの直行です。

最初はこのローテが自分の中で一番の心配点ではありました。

が、

みなさんが言うように間違いなくポン駆けが効く馬ですし、最近調子をめっぽう落ち気味ですが、天下のノーザン外厩仕上げという事ですから、長期の休養明けも問題はないでしょう。

 

前走の有馬記念はいい位置から直線に入りましたが、手ごたえは良さそうには見えましたが案外伸びずに4着

というより、アーモンドアイを負かせに行ったような競馬に見えましたね。

特に不利も無く道中もいい形でしたけど、後方では間に合わないこのレースで前が崩れる展開の中、早め動き出しで踏ん張った4着は底力が高いからです。

いい形でレースを進めれた敗戦だったと思います。

海外帰りでの有馬記念直行という他の馬たちに比べて調整云々の条件が悪い中での4着は十分と言っていいほどこの馬のレベルの高さがうかがえましたね。

 

週末の天気が気になるところではありますが、パンパン良馬場でってほしいですね。

ただ、雨が降って馬場が重くなるようなら少し考えなおしたい...なんて思ったりもしましたけど、やっぱりこの馬が強い

凱旋門賞の時、海外の馬場はもともとは重いですが、ここに雨が降ってさらに重くなりました。

その馬場がフィエールマンには全く合わない馬場であったのは確かです。

実際この馬は凱旋門賞を除いて、良馬場での出走しかないわけなんですね。

 

といっても凱旋門賞ほどの重にはならやいでしょうけど、多少の雨であれば問題はなさそうですが、降雨量が多く重馬場になるようでしたら...

ってとこでしょうかね。

だからこそ!圧倒的な力を見せつけるには良馬場がいいですよね、本当。

 

また奇しくも8枠14番の大外枠に入ってしまいましたけど、前にも書きましたが下り坂を利用してのマクリはこのコースの適性があってこそ。

間違いなく大本命◎で行きましょう。

 

ということで、まずは本命のフィエールマンから考察してみましたが、印をつけたい他の馬も考察していきます。

 

 

 

超鬼門レースで真のステイヤーを証明できるかユーキャンスマイル

キングカメハメハ産駒

 

岩田騎手の落馬骨折がなによりも痛かった。早く治して戻ってきてください!

 

少々赤字が多くなりますがご了承を。

 

正直言うと岩田騎手が乗らない限りプラス材料はありません

岩田騎手が乗ってこその馬ですね。

 

気になるマイナス点を2つ。

1つめは浜中騎手への乗り変わりです。

特殊な舞台であるからこそ長距離での勝ち鞍のある岩田騎手からの乗り変わりは大きなマイナス材料です。

浜中騎手(~3600m)

2018年(0-0-0-2)

2019年(0-0-1-2)

2020年 出走ナシ

 

岩田騎手(~3600m)

2018年(2-0-0-2)

2019年(1-0-0-3)

2020年(1-0-0-1)

毎年必ず勝ち鞍がある岩田騎手に対して、浜中騎手は勝ち鞍がありません。

この馬と手が合うようには思えないのが正直なところ。

 

2つめは血統。

産駒で見るとこの天皇賞(春)では

キンカメ産駒(0-0-0-14)

母父ダンスインザダーク(0-0-0-8)

という超鬼門レースなんですね。

長距離レースではダンスインザダークの血統は買いとしてみているんですが、このレースに限って言えば結果が出ていないわけですね。

ただし、ユーキャンスマイルは強いです、間違いなく。

クセの強い馬をここまで手名付けてきたのは岩田康誠だからと考えれば、ここは積極的に買える馬ではないという判断。

 

昨年の天皇賞(春)も非サンデー系はこぞって馬券から外しました。

来たらしょうがないって言い聞かせています。

 

 

 

最内枠からブレイク馬が殴り込み!グランプリ男と一発狙うモズベッロ

ディープブリランテ産駒

 

ここ2戦で一気に強くなった感じがしますよね、力も体も。

 

2勝馬で挑んだ前々走の日経新春杯は52kgで恵まれた感もありましたけど、中断前目からうまく抜け出して1着

格上挑戦でしたけどよく走りましたね。

前走の日経賞は別定56kgでどうかなぁなんて思ってましたけど、

 

坂でキレが無くなるようなタイプなのにも関わらず、中山巧者のミッキースワローから0.2差の2着は非常に優秀ですよね!

 

ここでレース映像を見るとわかるんですが、新春杯と日経賞の走りが全く違うんです

 

9週空いた前走日経賞は、なんだかフワフワした感じ言えばわかりやすいですかね。

頭の位置も高いし左向いて右にモタれて乗り切っていない感。

追い出したらモタれたのはそのせいだと見ています。

4週空いた前々走新春杯はグっと走る意欲を出したような漲るフォーム。

 

詰めて叩かれた方がよいタイプという見方をしてますので、日経賞を使ってグンと良くなっているはず!このレースで叩き2戦目。いいイメージです。

 

ピンかパーで一気にブレイクできるかで、今回さらに格上挑戦のモズベッロいいですね!

 

 

 

得意な下りでまとめて差し切る!多頭数で道が開くか?トーセンカンビーナ

ディープインパクト産駒 

 

前走で青葉賞以来の重賞出走でユーキャンスマイルについでの2着

毎度のことながら抜群の末脚です。

フィエールマンが居なかったら本命にしていた1頭です。

 

まず藤岡康太騎手の成績で見ると、まぁ正直そんなに良くない。

でも、このトーセンカンビーナとのタッグでは

(3-2-0-1)

と非常に良い相性ですね。

 

この馬に関して不安材料は3つあります。

1つめは、3kgの斤量増ですね。

初めての58kgにはなりますが、450kgあたりの馬体重で体も大きく見せますし体も強いので、この斤量は問題ないと判断します。

 

2つ目は、出遅れ癖です。

フワっと飛び立つようなゲートスタイルで毎回毎回ヒヤヒヤしますね。

過去何度もゲートの練習をしていますが、なかなか良くなる気配がなさそうです。

 

3つ目は、少頭数による有利な展開です。

前走もそうでしたけど、最終コーナーまでにポジションを上げていき直線で間を割っての怒涛の末脚を見せる競馬でしたが、それは少頭数であったからこそ道が開いた展開だった。というのが一番のポイントになります。

 

今回は14頭での出走になりますが、13頭以上の経験はしんがり負けを食らった青葉賞のみ。

東京コースでしたけど、最後は前が開かずに外へ持ち出すロスでしたね。

今回は過去の好走したレースのような展開になるのかどうか。

仮にゲートをうまく出て内に潜った場合、揉まれ具合はどうなのか。

 

未知数な点が多い馬ではありますけど、なにより楽しみの方が大きい馬。

 

ゲートスムーズで少し前目で付けれるようであれば & 前が開く展開になれば、初のGⅠで頂冠まで考えます。

この展開にならなければ、末脚も炸裂せず届かないまま馬券外へ。

という予想。

 

といってもどの馬も展開次第ですからね。

見ていてとても面白い馬になりそうです。押さえておく必要はありますね。

 

 

 

脚質転換がここで花開くエタリオウ

 

ステイゴールド産駒

 

2周目の向こう正面から早めに仕掛けて1.0差の4着。

めちゃくちゃな競馬には見えている人は多そうなんですが、後ろからは間に合わない。

下りあたりからスピードを上げて直線で抜け出すイメージだったのだろうと思いますが、その前にはフィエールマンがいましたね。

 

この時から有力馬だったユーキャンスマイルにも先着していますし、今のこの先行型の脚質は京都コースにマッチするはず。

 

菊花賞フィエールマンのハナ差2着もありますし、距離はまず問題ないですね。

 

実は京都コースでは掲示板内を外したことがないですし、川田騎手が追切に積極的に乗っているという点も好印象。

 

最強の1勝馬が頭までは無いものの馬券内への流れ込みは十分イメージができます。

 

今のところ重賞8連敗というか馬券内にも来ていない川田騎手が人気薄を激走させてくることも可能性としては十分あるでしょうけど、川田騎手の長距離イメージが全く沸きませんが...

 

今復活の時ですね、頑張ってエタリ!

 

 

 

本当はダンビュライトも気になる1頭ではあるんですよね。

追切なんかも抜群に動いていますし、なにより去勢の成果がどう出るのかにも期待しています。

ただ、前にも書きましたが、非サンデー系の成績がめっぽう弱い点が今回の予想にあたっての1番のポイント。

人気どころのユーキャンスマイルキセキと去勢明けのダンビュライト

この3頭はバッサリ行きます。

 

今回は触れませんでしたが、ステイゴールド産駒の成績も侮れませんね。

エタリオウももちろん、スティッフィリオも馬券内への想定をしながら考えたいと思います。

 

 

ということで、今のところは大外枠にはなりましたが、フィエールマンを本命軸として天皇賞(春)を勝負していきたいと思います。

 

 見てもらってありがとさんでした。

OFFでした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログの中からの推奨馬

またはブログに載せない推奨馬

をLINE@にて配信しています。

有料コンテンツへの誘導は

ありませんのでご安心を。

ぜひお友達登録お願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

少しでも参考になればで構いませんので

ランキング少しでも上位になれるよう

ご協力お願いします。

ポチっとだけで。いつもすんません。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー