OFF-Uma.Blog

買い目絞りのがっつり回収目指します☺︎飛びっきりの有力馬を毎週紹介!

【ヴィクトリアM】速い馬場への対応がカギ!レーンはノームコア希望だったが...

 

さて、昨日の土曜日は金曜からの仕事が大忙しで更新できずに申し訳ありません。

 

荒れるGⅠ女の闘いヴィクトリアマイルが行われますが、題名にも書いた通り

”速い馬場”への対応がカギになると思っています。

 

土曜日のレースを見返すと、思ったよりも雨も降らずお昼から稍重に変わりました。

雨が降る場合、外差し傾向になりやすくなる東京コースですが、今週から

Bコース替わりをしていますので、ここもポイント。

 

先週同様で、内目の前有利の馬場コンディションは変わらずで決め打ちします。

 

今日は東京は晴れ。

府中にほど近い自宅はもう暑いです...笑

 

さて、そこらを踏まえて

ヴィクトリアマイルの予想考察をしていきたいと思います。

 

 

 

f:id:i_love_homies:20200517085545j:plain

心も体も上昇ムード。クラシックの無念をここで!ビーチサンバ

クロフネ産駒

 

大きなところで行くと、

阪神JF3着、桜花賞5着、オークス15着。ローズS2着、秋華賞5着。

いつもいいところにはいますが、未だ重賞未勝利です。

 

というよりも、クラシック王道路線を使い詰めてきたわけなんですね。

 

秋華賞を終え、4カ月の休みを挟んでいいリフレッシュになったと言われていましたが、

休み明けの前々走京都牝馬(GⅢ)

フワッとしたスタートで出遅れ

道中気持ちが乗っていないのか忙しかったのか見せ場なく5着に敗れます。

前走の、阪神牝馬(GⅡ)

折り合いもついていい格好にはなりました。

最後の直線だけ伸ばして上がり33.9。勝ち馬から0.4差の4着。

 

中間では 併せ馬後着も

81.9 - 66.1 - 51.8 - 37.6 - 12.0とほぼ一杯気味に仕掛け。

最終は馬也で

80.4 - 66.1 - 51.38 - 37.6 - 12.0とこちらも好時計。

良いタイムが出たということは調子が上がってきたということ

速い馬場への対応もOKですし、長く使える脚は東京コースへの対応もOKということ。

あとは福永騎手が内枠からどうエスコートできるかだけ。

心と体がマッチしたらこの馬は強いと思いますよ!楽しみです。

 

 

f:id:i_love_homies:20200517085358j:plain

追い切り跨り好感触!Dレーンで必勝態勢プリモシーン

ディープインパクト産駒

 

リピーター好走が目立つこのレースで、昨年2着馬がレーン騎手との初コンビです。

レーン騎手の最初の騎乗予定はグランアレグリアだったんですよ。

ただ、そのグランアレグリアが発熱で回避。

昨年勝ったノームコアへの騎乗を依頼しましたが、ヨコノリさんが決まっていたので、鞍上未定だったプリモシーンへの騎乗が決定。

 

どんなもんかで追い切りに跨りましたが、コメントにもありましたが、この馬で勝負できると好感触だったようで。

この昨年の優勝ジョッキーがこういうコメントは信じたいと思いますね。

 

前走のダービー卿の負けはトップハンデを背負うことありましたし、中団から勝負所での上げが最後に響いて伸びずという結果でしたし、小回りでしたし。

 

ワンターンの東京コースがばっちり噛み合う馬ですし、何より左回りが

(3-1-1-1)

と好成績。高速馬場への対応も大丈夫でしょう。

昨年、完璧に乗ったレーン騎手が勝ったこのレースの2着馬に乗るということは圧倒的有利に働くはず。

 

 

ライバルを知る男。今女帝を負かすとき!スカーレットカラー

 ヴィクトワールピサ産駒

 

注目する点は4走前の府中牝馬(GⅡ)

ラッキーライラックプリモシーン、クロコスミアという強豪を完ぺきに抑えた勝利

3走前のエリザベス女王杯、前々走の有馬記念

難で出走させるの?というくらい距離適性度外視でした。

この2走は惨敗してますが、まったく気にしない負けでよいと思います。

 

また前走で+16kgで今回も増えているようですね。

でもって、追切も素晴らしいタイム。

ということは重めではなく成長分と捉えます。

岩田騎手が溜めて末脚勝負の競馬を教え、良いレースをしてきた彼女ですが、今回は岩田騎手ケガのため騎乗できません。代打騎乗が石橋脩です!

 

私の中で格言があります。

ダート逃げ馬、武豊

ローカルで、逃げて逃げて菜七子ちゃん

バシシューの、人気薄馬の後方一気 

こんなんです笑

 

そんな石橋騎手から

馬場が軽ければ、アーモンドアイとの一騎打ちは十分できる!

なんてコメントありました。

乗ったことないんですがね...

アーモンドアイとライバルといわれてきたラッキーライラックの主戦を務めてきた石橋騎手がいうこの発言は信ぴょう性はありますでしょうか?

 

はい、あります。

 

不安要素は高速決着の前残り馬場というだけ。

昨日からの傾向で前が速く猛烈なハイペースになるようであればこの馬の台頭は十分に考えられます。

さてアーモンドアイとの末脚勝負になるのか。楽しみですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アーモンドアイの考察は今更しません。

強いのはわかっていますのでどう取捨するかだけ。

 

ラヴズオンリーユーは距離が短い。

オークスの勝ち馬はこのレースでも好走していますが、それは桜花賞も勝っているという条件付き。

マイルの経験1回のみ。それも速いマイルの流れを経験していないアドバンテージはここでは大きいかと。

 

サウンドキアラはもう少し中にいてほしかったのが本音。

内にも外にも前にも後ろにもと、自在性がある馬なのは確かですが、阪神牝馬の勝ち馬がこぞって馬券外というデータもあるのでここは厳しいのかな。

 

2歳女王ダノンファンタジー

ここは積極的に買っていきたいと思っています。

詳しい考察は書きませんでしたが、前走+22kgの大幅増でその分甘かったのか伸びずに5着でした。

今回はいくらは絞れて上積みはあるはずですし、この厩舎とこの騎手のコンビはさらっとGⅠを獲っていきそうです。

持ちタイムはこの中では遅いほうですが、人気薄のディープ産駒で思い切った騎乗を見せてくれそうな気配ムンムンです。

 

セラピアは1400でも先行できるスピードがあります。

止まっちゃいけない馬なのでこの馬がハナ主張するのか、外からコントラチェックが来るのか。この2頭でペースを刻むような展開になりそうですね。

デムーロ騎手が継続騎乗であれば面白かったんですが、田辺騎手乗り変わりはマイナス

 

ということで荒れるGⅠ熱い女の闘いヴィクトリアMの考察でした。

 

◎5 プリモシーン

〇2 ビーチサンバ

▲7 ダノンファンタジー

△14 スカーレットカラー

 

この4頭は決まりで、アーモンドアイやシャドウディーヴァで考えようかと思います。

 

 

見てもらってありがとさんでした。

OFFでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ほんのちょっとでも参考になったら

ランキング少しでも上位になれるよう

ご協力お願いします。

ポチっとだけで。いつもすんません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

ブログの中からの推奨馬

またはブログに載せない推奨馬

をLINE@にて配信しています。

有料コンテンツへの誘導は

ありませんのでご安心を。

ぜひお友達登録お願いします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー